総合建築設計施工  日本木造住宅耐震補強事業者協同組合員
HOME アトリエティスリーとは 耐震診断の流れ 耐震工事 アクセス お問い合わせ ブログ
会社概要 プライバシーポリシー
  耐震補強にはどんな方法があるの?
基礎補強・壁補強・接合部の補強など、様々な補強方法がありますが、大切なのは、「しっかりと効果の上がる補強、評点が上がる補強をおこなうこと」です。ここでは代表的な施工法をご紹介します。
ここに紹介した以外でも建物の状況に応じて特殊な方法等、多くの施工法があります。
基礎の補修 壁の補強 土台・柱下の改善 接合部・その他 耐震工事の費用は
基礎の補修には、ひび(クラック)の補修や無筋基礎の有筋化などがあります。
ひび(クラック)の補修
ひび割れが生じている箇所にエポキシ樹脂を注入していきます。
無筋コンクリート基礎の有筋化
既設の無筋基礎の外側に、鉄筋コンクリート造りの基礎を抱き合わせ、一体化して補強します。
ページTOPへ

壁を補強するといっても、闇雲に壁を強くするのでは偏心率(重心と剛心の距離)は改善されません。必ず、精密耐震診断の結果から補強の必要な箇所を割り出し、的確な位置に的確な強度の壁を補強する必要があります。
筋交いを入れて補強する
梁から土台の間に筋交いを入れることで、バランス。耐力を向上します。
構造用合板を用いて補強する
筋交いを入れる場合と同様、壁の耐力を向上します。最近では梁・土台の加工が必要ない補強方法もあります。
開口部を減らして新しい壁を増やす
壁を増やすことでバランスを改善します。隅部を壁にすると一層効果的です。
ページTOPへ


土台が腐朽または蟻害を受けている場合や、柱下が痛んでいる場合など、土台の取替えや柱根継ぎを行なう必要があります。
なお取り替え材には必ず防腐・防蟻処理をします。また腐朽・防蟻対策として、床下に調湿炭を敷き詰めることも効果があります。
ページTOPへ

その他にも、診断の総合評点に反映される「屋根の軽量化」や、反映はされませんが部分的な欠陥の改善として「接合部の補強」など、重要性の高い補強があります。
基礎と柱を緊結する
壁が強くなる事で、柱のホゾ抜けが起こりやすくなります。それを防止するために、ホールダウン金物を使用し、コンクリート基礎と柱を直結します。
ホールダウン金物には、壁の中に金物を収める「内付け」、外側に設置する「外付け」があります。



内付け
壁を壊して内側から取り付ける。



外付け
壁を壊す必要が無いため、内付けよりも工期が短く、安価に補強ができる。
屋根を軽くする
重量のある日本瓦を、軽量な材質に取り替えることも、耐震性の向上に有効です。
バットレス(添柱・控柱)を設置する
建物の内部では強い壁の設置が出来ないときには、筋交いと同様の効果を発揮するバットレスを外側に配置します。
ページTOPへ

耐震補強工事を施工するにあたって、やはり一番気になることは費用です。
耐震補強にかかる工事費用は、施工面積や補強箇所、補強内容によって違ってきますが、平均的な木造2階建て住宅で、100万円前後が大半です。

当社は診断の元、適正価格を提示します。どんな事でもご相談を承ります。
当然ですが、工事の強要はしませんので、施工はご検討・納得の上、ご自身で判断して下さい。
また、大掛かりなリフォームの予定があれば、同時に行なうことも合理的と言えます。
ページTOPへ
 お問い合わせ・お申し込み は、お電話又は問い合わせフォームよりどうぞ 
〒189-0001 東京都東村山市秋津町1-10-10
合同会社 アトリエティスリー
---Copyright ATORIE T3 All right reserved---