総合建築設計施工  日本木造住宅耐震補強事業者協同組合員
HOME アトリエティスリーとは 耐震診断の流れ 耐震工事 アクセス お問い合わせ ブログ


会社概要 プライバシーポリシー
  耐震診断って何をするの?何がわかるの?
床下・屋内・天井裏・外観等をチェックすることで、「地盤・基礎・壁のバランス(建物の形・壁の配置)・壁の量(筋交い・壁の割合)・老朽度」を調べます。その結果から家のどの部分が弱く、どのように補強すればよいのか判ります。
地盤・基礎 壁のバランス 壁の量 老巧度 総合評価と判定
地盤・基礎は住宅の耐震性を判断するうえで非常に重要です。診断は基礎の造りと、地盤の種別を統合して行ないます。
チェック内容:地盤 ■地盤図や周辺の地形を確認
チェック内容:基礎 ■目視でひびの有無を確認
■鉄筋の有無をセンサーで確認
■コンクリートの圧縮強度を計測
ページTOPへ
阪神・淡路大震災の主な倒壊原因にもあげられていたとおり、建物の形と壁の配置も耐震性に大きく関係してきます。この項目では建物の形と壁の配置を見ることで、その建物のバランスを判断します。
チェック内容:壁のバランス ■建築図面と目視で、家の形状を確認し、さらに図面どおりに壁が配置されているかも確認します。
たとえ壁の量を満たしていたとしても、壁の配置バランスの悪さによって、耐震性をそこなう事もあります。

ページTOPへ
筋交いと壁の量から、建物が地震の横揺れにどれだけ耐えられるかを判定します。
建物は壁の量が多ければ多いほど地震に強くなります。少なければ少ないほど地震に弱くなります。
例えば12畳を超えるような大広間があったり、2間以上続く大きな窓がある家などは、必然的に壁の量が少なくなってしまうだけでなく、壁の配置バランスも悪い建物となり、耐震性は低くなってしまいます。
チェック内容:壁の量 ■床下・天井裏から筋交いの有無をチェックし、どこに強い壁が入っているかを割り出します。
ページTOPへ
この項目では、建物の構造耐力上重要な部分が、時間が経ったことで劣化して、欠陥と判断される状態になっていないか確認します。具体的には基礎の形状や土台・柱などの腐朽・蟻害等をチェックします。
これはどちらも耐力要素への力の流れを防げると同時に、家を破壊して建物が沈下、傾斜などを起こす要因にもなるのです。
チェック内容:老朽度 ■床下の湿度・含水率や、シロアリの被害がないかどうかをチェック。
■外側から、屋根・外壁などにゆがみやひずみがないかチェック。
■床鳴り、柱の傾き、梁のたわみなどがないかをチェック。
ページTOPへ

総合評価は上記4項目から求めます。そこで出た評点は「安全である」「一応安全である」「やや危険である」「倒壊や破壊の危険がある」の4段階の判定に分かれます。
過去のデータを見ると、実に7割以上の木造住宅は耐震性に不安がある事が判ります。
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)の調査結果
ページTOPへ
 お問い合わせ・お申し込み は、お電話又は問い合わせフォームよりどうぞ 
〒189-0001 東京都東村山市秋津町1-10-10
合同会社 アトリエティスリー
---Copyright ATORIE T3 All right reserved---